施工例  

TOP

福岡市南区 I様邸  ガーデンルームcocoma 2間×8尺

ガーデンプラン・施工にあたって

7年前に、庭木の植替えをさせていただいたお得意様から、新築時からのデッキが腐れてしまったのでと、撤去と、再度デッキ工事の見積りのご依頼でした。
お話をお伺いすると、最近の環境(黄砂や花粉、PM2.5等)や梅雨時期のお洗濯物などに、話は結びついていきました。
育ち盛りの3人の子供さんたち、お仕事をされている奥様、毎年やってくる梅雨の季節がポイントでした! どうせなら…という事で建物のイメージを考えて、cocomaのガーデンルームをお選びいただきました。
お部屋としての利用を考え、少し広めのサイズ(8尺)にしていただいたので、もともとのスペースより、飛び出すようになったので、花壇やアプローチを崩して、ガーデンルームに関連したお庭のデザインも変更することになりました。
Eポール・Eフェンスからの導線が玄関へのアプローチとお客様用の駐車スペースにもなるように…。
もともとの建物との違和感もなく、自然なイメージに仕上がったことに、とても喜んでいただきました。 デザインを決める際に、あらかじめCGパースで、出来上がりのイメージを見ていただいていたので、安心してお任せいただけました。

  • 130419T_03before
  • 130419T_01
  • 130419T_02after
  • 130419T_02

工事の流れ

  • 130419T_04<1>
    いままでお世話になったデッキの解体作業。かなり腐っていました。
  • 130419T_05<2>
    今まであったデッキの広さが間口2間×6尺でしたので、今度のガーデンルームは、いままでより、約60cmほど広い8尺サイズとなります。
  • 130419T_06<3>
    ようやくガーデンルームの枠ができてきました。
  • 130419T_07<4>
    ガーデンルームを8尺の広さにした為、既存の玄関へのアプローチや花壇を解体することに!
  • 130419T_34<5>
    3本のEポールは、表札やポストを取り付けます。
  • 130419T_08<6>
    建物や、ガーデンルームのイメージにあわせて、レンガはミッドランドブリックを使用。 花壇を解体したところは、玄関へのアプローチ兼、来客用の車庫スペースに!
  • 130419T_35<7>
    ガーデンルームの内側のタイル:ストーンモザイコラウンド+ストーンモザイコアンティークを使用
  • 130419T_09<8>
    ガーデンルーム外側のタイル:センティアを使用
  • 130419T_10<9>
    Eポール&Eフェンス
    人口木材を使用している為、腐食がなく、色あせしにくい!メンテナンスが気になる方におススメな素材のフェンス。
  • 130419T_11施工後1
  • 130419T_12施工後2
  • 130419T_0施工後3
  • 130419T_13施工後4
  • BACK
PAGETOP